有楽町美容外科クリニック/男性診療
包茎治療+亀頭増大術
有楽町美容外科クリニックの特徴
包茎治療+亀頭増大術で男の自信を一気にUP!

セックスの時に「もっと長く保てれば」と思うことありませんか?包茎は亀頭が包皮で覆われているので、慢性的に刺激に弱くそのぶん「早漏になりやすく」なります。早漏の原因は精神的なものと刺激的なものがありますが、包茎治療により刺激に強いペニスになり、精神的にも余裕が生まれます。また亀頭増大術は、亀頭周辺に製剤を注入することで力強さとハリが生まれると同時に、亀頭の過敏状態が緩和され「早漏改善にも効果的」です。「包茎治療+亀頭増大術」は、包茎のお悩みを解消し、同時に早漏の心配をなくすことで、あなたの自信を大きくアップします。

日本人の場合、約7割が包茎の状態と言われます、特に包茎治療で最も相談が多いのが30代〜40代です。そして意外に思われるかも知れませんが、50代以上の方も多いのです。世代に関係無く包茎は男にとって共通の悩みです。悩んでいるのはあなただけではありません。有楽町美容外科クリニックは、患者さんお一人お一人の気持ちに向き合い「自信に満ち溢れたライフスタイルをサポート」いたします。

包茎治療で自信に満ちた日々を
包茎の種類/包茎治療の流れ
包茎治療と亀頭増大術の相性が良いのは理由があります
包茎は文字通り包皮が亀頭を包み込んでしまっていますから、良く言われる様に外的な刺激に慣れていないこともあって早漏気味という別の悩みを持たれる方も多いようです。治療で亀頭を露出させることで刺激に強く雄々しい見た目になりますが、30代〜40代の方に多く見られる状態として、長期間に渡り包皮が亀頭を包んでいたことで亀頭がいわゆる「先細り」という形になっていることがあります。男らしい自信に溢れる形は「亀頭の露出」だけではありません、刺激に強く力強いハリを持ったカリの形も大切です。包茎治療と亀頭増大は同時に行うことで、早漏の改善と雄々しいカリの形によってコンプレックスを大きな自信に変えることができます。
亀頭増大術でより強く、より豊かに
有楽町美容外科クリニックだからできる安心の施術

確かな技術、美しく丁寧な縫合に自信!
私たちの包茎治療は傷跡が最も目立たない箇所で切開し、最もあなたが男らしく見えるデザインで、そして美容外科ならではの高度な縫合技術で治療します。美しく自然な仕上がりは多くの患者さんに高い満足度を頂いています。

麻酔科医が痛みを万全ケア、安心の施術!
麻酔科医は文字通り痛みをケアするプロです。術中の痛みのない快適な治療はもちろん、痛みに敏感な方には眠ている間に痛みなく施術が終わる静脈麻酔もご案内します。術後も的確な処方とアドバイスで安心をお約束します。

価格以上の満足に自信があります!
私たちは価格も大切なサービスだと考えます。可能な限り施術価格を引きさげる努力を常に続けています。コスト管理を徹底しますが、衛生・安全・品質に関わるものについては一切妥協しません。より身近な価格で、高い満足を頂ける「美しい仕上がり」の治療を実践しています。

有楽町美容外科クリニック/男性診療

包茎治療について詳しく見る亀頭増大術について詳しく見る

 

施術価格のご案内
包茎治療+亀頭増大術セット
包茎【直線切除法】+亀頭増大【ヒアルロン酸1.0cc】+静脈麻酔
¥86,400

包茎治療
直線切除法 施術+静脈麻酔 ¥53,892
直線切除法 来院3日前のご予約の場合 施術+局所麻酔 ¥32,292
直線切除法 仮性包茎治療 ¥53,892
直線切除法 カントン包茎治療 ¥129,492
直線切除法 真性包茎治療 ¥161,892
亀頭直下埋没法 ¥77,652
クイック法(切らない方法)法 ¥32,292
Wプラスティ ¥269,892

亀頭増大術  
ヒアルロン酸注入 1.0cc=¥42,552
パーマネントフィラー注入 1.0cc=¥118,908
2.0cc=¥226,260
3.0cc=¥244,944
4.0cc=¥310,608
【眠っている間に痛みなく施術が終わる「静脈麻酔」無料サービス】
ヒアルロン酸は2.5cc以上、パーマネントフィラーは1.0cc以上注入の場合、通常¥32,400の 静脈麻酔を無料とさせていただきます。

※麻酔、薬の処方等をご希望の方は、医師による診察の際にご相談下さい。以下は別途ご負担いただく場合の目安金額です。
 ●麻酔代 局所麻酔 5,400円、または静脈麻酔 32,400~64,800円 ●薬代 11,340円
※剃毛代:5,508円。当日処理されていない方は剃毛代が別途かかりますのでご了承ください。
※他院様にて施術歴(同施術同部位)がある場合、料金が割増になる場合がございます。詳しくはご相談ください。

 

all rights reserved YURAKUCHO BIYO-GEKA CLINIC 2000 - 2014